キンキラキンをさり気なく~のミラー

PC不調によりなかなか更新できずにいます┓(ー_ー)┏


P8119824.jpg


ブラックマントルピースのことを書く前に
その上にかけられたどでかいミラーのことを・・・

誰にでも思い込みってあると思う

ロカイユ調のミラーを見た時
その姿形に惚れ 
大きめのミラーって事にも惹かれました

画像を信じちゃいけないよ~と
山本リンダが歌っていたとおり
(ちがいましたっけ・・・)

なんと3100円と言う破格値で我が家に来たミラーは
1m以上のサイズと・・・想像よりウンとデカかった(◎_◎)


P6308630.jpg


そしてキンキラだった(・_・)

どちらにしてもちゃんと確認しなかった私が悪いのだけど
まさかここまで大きいとは・・・と
届いたミラーを見て呆然としてしまった私


もともと置こうと思っていたマントルピースの上に
ギリギリ入るサイズだったので
予定通りに設置・・・と思いましたが

このキンキラは・・・キンキラすぎる
金は好きだけどこう なんというか
もっとさりげない感じが良いと思うのです

そこで 茶色の鰐皮?のような模様のついていた部分を
黄色にペイント


P6308635.jpg


大丈夫です いかれちゃいませんよ(^_^;)


P6308637.jpg


よりいっそうハデハデなミラーになりました


P6308638.jpg


そこにスポンジで黒をポンポンと色付け

ろっこうおろしに さっそうと ~ ♪ と口ずさみながら
(とはいえここまでしか知らないのであとは鼻歌)

タイガースカラーから
更にもうちょっと黒っぽく


P6308639.jpg


その上から何回かに分けて気に入った色になるまで
オイルステインを重ねます


P6308640.jpg


全体に黄色のペイントも黒のまだらも
はっきりとわからなくなるように
しっかりオイルステインで色付け


P6308642.jpg


そして ゴージャスすぎるゴールドの部分も
同じゴールドでもちょっとアンティークっぽさを醸し出せるような
そんな落ちついたゴールドにします

ゴールドの色付けはもっぱら


P6308643.jpg


こちらのいずれかを使用


ペンキ類を揃えるより安価でたいがいの素材に色が乗ります

今回はこの色をチョイスして
そこに水性のステインを足して


P6308645.jpg


濃いめの落ちついたゴールド色にします


P7018700.jpg


元々のゴールド部分にも黒などで少しだけ汚していき


P7018699.jpg


シックな風合いにしていき
ギラギラのゴールドとはおさらばです

それにしても
上の鏡と真っ白のマントルピースの
バランスがとれません(T^T)


P7018704.jpg



漆黒のマントルピースならこのミラーも映えるはず

こうして純白なマントルピースが漆黒のマントルピースへと
変化することになったのでした・・・

ちなみに ミラーをリメイクしていたのは6月の終わりのことでした

ついでに 写真で見るとこの時にもう
左の窓も変形している最中ですね

窓の記事はいつになるやら・・・
もうとっくに完成しています

更新頑張らねば(^^;)


ポチッと応援でかなり励まされます





にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村


続けてこちらもポチッと


ポチっとしてね!


クリックが済んだら
しっぽのはえた家族のことはこちらをどうぞ(*^▽^*)


みっくす★ジュースおかわり!!

ブラックマントルピース

ブラックのマントルピースは
重厚で部屋の印象をグッと引き締めて
高級感があります

洋書ではたまに見かけるのですが
日本ではクラシカルなブラックマントルピースは
あまり見かけません

少なくてもネット上では・・・(~_~;)

でも白や茶色なら自分で作れなくても
楽天でマントルピースが販売されていました






本格的なタイプもあります






楽天・・・すごいな・・・(ー'`ー;)

ま、それはさておき

そんな憧れの漆黒のマントルピースをなんと!
手に入れる事がで来ました

ジャ~ン


P8119824.jpg


幅100センチほど
高さは上のミラーが天井まであるのでかなり大型ですが
色のおかげで逆にしまって見えます


P8119829.jpg


立てかけた古い額もアイアンのフェンスも良い味出しています


P8119832.jpg


アンティークのジャルデニールには
アンティークの本を無造作に入れました


P8119834.jpg


細部にわたって施されたアイアンの装飾


P8119825.jpg


落ち着いたゴールドの飾り

マントルピースの上には細かいモノを飾らず
ガラスドームに入れたマリア像などだけに絞りました


P8119827.jpg


なにせ漆黒のマントルピースですので
かわいさは必要ないのです( ̄ー ̄)


P8119826.jpg


ちなみにガラスドームはアンティークではありません

ガラスドームの記事はこちら→ココをクリック

この時から数点増えたので
プラスチックドームはやめましたけど(^_^;)

アンティークのではないけどく気に入っているので今はこれで充分
いつか本物のアンティークを(安く!)手に入れられればと思っています

一緒に置いてあるお気に入りのスタンドはシェードをハンドメイドしたモノ
ずっと置く場所がなくてしまいこんでいましたが
ようやく日の目を見る事がで来ましたC=(^◇^ ;


P8119828.jpg


心躍るマントルピース


P8119824.jpg


何度見ても惚れ惚れします

このマントルピース
少し前までは


IMG_4432_2_201608110857442a1.jpg


真っ白でした

復習をしてくれたというこてちさんはすぐにピンと来たかもしれませんね
???と言う方は


以前のマントルピースのリメイクはこちら→ココをクリック


この時のマントルピースが気に入らなかった訳じゃあないんです

真っ白な部屋が自分に合わないと感じてきただけで
年相応に少し落ち着いた部屋に住みたいな・・・なんて

真っ白な床は猫を撮るとすごく素敵に写りました

今思えばもっとこの部屋で写真を撮っておけば良かった
後の祭り(ーー;) 

いいんです 年相応になったから・・・(( ̄ー ̄#)  

次回は白から黒への変貌経過を

ポチッと応援 よろしくお願いいたします




にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村


続けてこちらもポチッと


ポチっとしてね!


クリックが済んだら
しっぽのはえた家族のことはこちらをどうぞ(*^▽^*)


みっくす★ジュースおかわり!!

クローゼット改装完成

クローゼットの内側も無塗装のままでは味気がないので
塗りました


P8049691.jpg


そこにアンティークの壁紙を貼ります


P8069706.jpg


奥はアクセサリー類が
扉の開閉でカチャカチャいわないように
ヌメ革を貼り付けて他と同じ色で塗装して
流木に引っかけるようにしました


P8069707.jpg


壁にはスプレーなど出しやすいようにセット
セリアの壁掛け用のシェルフの板を
外したりひっくり返したりして使用


P8069708.jpg


扉を開けると 目立つところに
ハンサのリスさん


P8069709.jpg


コレ
頂き物なんです

ペット支援品の箱の中に
何よりも喜んでいただけるモノだと思って・・・
とのメッセージと一緒に入っていて

本当に嬉しくって大事にしているお品です

あの時はいっぱいいっぱいで
お礼すら満足に言う事ができずに
本当に申し訳なかったと猛省しております(T^T)

毎日数回扉を開ける度に
可愛い顔を見る事がで来て幸せです

ハンサのぬいぐるみは子どものおもちゃではなく
オトナの部屋の飾り物としてお勧めの逸品と思います


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【HANSA】シロウサギ18
価格:2570円(税込、送料別) (2016/8/10時点)




反対側の2面は


P8069714.jpg


こんな感じ

アンティークの壁紙は古くて破れがあったりしていたモノなのですが
破けたまま張りました

それもひとつのアンティークを使ったインテリアの味と思います


P8069717_exposure.jpg


ところで
普通クローゼットの連結した扉は上にレールがあって
2枚の扉が手前に山になるように開くのですが
そうすると内側の扉部分が見えないので
モノを引っかけたりできません

今回クローゼット用のレールだけとか探したのですが
使えるモノがないので
試しにレールなしで折れ戸の折れ方を
手前側が谷になるようにつけて見ました


P8079729.jpg


写真ではわかりにくい(>。<)


P8079733.jpg


手前に折れて開く事で扉の内側全面に
軽いモノの収納ができる事と


P8079737.jpg


手前にモノがあってもどかさずに開く事ができるので
椅子があってもそのままの状態で
中のチェストの引き出しが開けられるようになりました

画期的(*`▽´*)

プロは絶対にしないだろうけど
素人だし
自分たちが使う部屋だし
この開き方で満足です

これでクローゼットは終了

次回はマントルピース!!



ポチッと応援 よろしくお願いいたします




にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村


続けてこちらもポチッと


ポチっとしてね!


クリックが済んだら
しっぽのはえた家族のことはこちらをどうぞ(*^▽^*)


みっくす★ジュースおかわり!!



クローゼット改装 扉表完成

クローゼットの扉をつけてもらったので
仕上げをしていきたいと思います
装飾部門は私の担当

クローゼットの扉は部屋の壁のかなりの面積を占めるので
すっきりとさせて目立たないようにするか
もしくはうんと印象的に飾り込むべきと考えています

前回は白い壁白い床に溶け込むような
薄いブルーグレーにしたけれど

今回はガラッと変えて
目を惹くような豪華な扉にしたいと思います

内側の2枚と外側の2枚は扉のサイズも
中板の深さも違っています

そこで
色は同じだけどデザインは違う
違っていても統一感のある

そんな扉にしたいと思います

まずは
内側にモールディングを

内側の2枚には少し幅広
外側の2枚には細めのモールディングを


P7209303.jpg


それから 内側の2枚には四隅に飾りモールドを
外側の2枚には薄めのベニヤを長方形にしたものを
貼り付けました


P7209305.jpg


モールディングは両面テープで
ベニヤは足の短いビスでとめました

四隅の飾りも両面テープ

ぐるっと囲ったモールディングに開いてしまった隙間は
毎度の事なので焦らずパテ埋め(~_~;)


P7209312.jpg


ペイントすれば隙間もわかりません


真ん中の2枚には木製のメダリオンも追加


P7209315.jpg


最近こういったモノは海外からの取り寄せをしています
だって日本で買うと高いんです(>。<)

そんな訳で中国からびっくり価格でお取り寄せした
メダリオンを中央に貼り付けて
グレーの上にエイジング加工のための茶色のペイント


P7209320.jpg


最後の仕上げに


P7209321.jpg


スポンジに白のペンキをちょっとつけて
軽くポンポンと


P7229370.jpg


茶色や白のペンキを少し乗せるだけで


P7229376.jpg


一色ののぺっとした感じがなくなります


P7229359.jpg


右と左の扉の印象が違いますよね

ベニヤを止めたビスは


P7229378.jpg


上から画鋲でビス跡を隠しました


P7229382-tate.jpg


さて
全部塗り終わったところで
取っ手をつけます

かなり前(10年ぐらい前?)に雑貨やさんで思わず買ってしまった
トアノブ型のフック


P7229374.jpg


コレを黒くペイントしてスポンジで金をのせ
これまた10年以上前に購入したガラスのドアノブに変えて


P7229386.jpg


印象がガラッと変わってグレーの扉にあうモノになりました


P7229382.jpg


表 終了!

次は内側です


ところで 扉の写真に少し写り込んでいる床
色が変わりました(*^o^*)

この床の塗装剥がし~ペイント ニス塗りまでが重労働で
やたら時間がかかってしまいました

以前の寝室の床は真っ白でした

今度はなんちゃって古材風の床です

いずれ全体像をお見せいたします


ポチッと応援 よろしくお願いいたします




にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村


続けてこちらもポチッと


ポチっとしてね!


クリックが済んだら
しっぽのはえた家族のことはこちらをどうぞ(*^▽^*)


みっくす★ジュースおかわり!!











クローゼット改装 4

ポールをつけて服を掛けて翌日
目が覚めてみてみたら ポールの真ん中がたわんでた(T^T)

夫が 取り付け前
ポール細くない?曲がらない?と心配していたのですが

大丈夫大丈夫 ポールって堅いもん

な~んてお気楽だったワタシを
あざ笑うかのように曲がったポール・・・

しょうがないので真ん中に取り付ける足を購入

ところがこの買い物で悲劇が起きました

ポールは良くあるシルバーのモノではなく
女子力UPの為に木目調のモノを購入したのですが
同じ木目調の足が800円近くしました

3コで2400円

(-_- )タカイヨネ
だってシルバーのだったら 3コで700いくらかなのに!!

そうだ!
シルバーを黒に塗装しちゃえばアイアン風で
かっちょよくなるのでは?

と前回購入の時も木目調をやめてシルバーに
そして黒く塗装していました


P6166671.jpg


手前の方が最初に購入したモノで奥が新たに購入しなおしたモノ

どうせ真ん中に足して取り付け直すのなら
若干ハンガーを掛けるのに足の長さが足りずにかけにくかったので
今回は足の長いものに

しかし形が違って
取り付ける根本が丸くなったために
前回ちょうど良くカットしたポールが入らない(T^T)

そこでまたまた苦手なポールカット


P6166670.jpg


相変わらずギザギザカットですがもうこれ以上ムリッ
どうせかくれるしコレでいい!


P6166675.jpg


見るに見かねてかデグーさんがお手伝いを申し出てくれましたが
無理ですから・・・(ーー;)

とりあえずすっぽり入れたらほらギザギザも目立たない


P6166672.jpg


イイじゃないっ
ではコレをスライドして真ん中に持っていって

アレ? (°°)アレレ?

動かない ビクともしない(゜o゜;)

そうなんです木目調のポール用の
木目の足はポールに張った木目シールの分
ゆるめに作られていて

シルバーのヤツはそのゆとりがない分
キツキツで入らない様になっていた

w(ToT)w  ドウスル

真ん中がたわまないようにするには
どうしても上から引っ張り上げないといけない

そこで苦肉の策
Sカンとネジネジの金具でポールを引っ張り上げる


P6166688.jpg


もうドウナノヨって言う感じの出来映えです(ーー;)


P6166689-1.jpg


しかし壁に色をつけ 棚をつけ
ポールが付いて 
色あせていた床の塗り替えもできたので

家具スベールの力を借りて
1人でチェストを移動して


P6166689.jpg


完成って事にしました(ーー;)

でも次の休みの日に夫にポールの付け位置が手前すぎると
結局だめ出しを食らって付け直しました

夫が・・・(ーー;)

うーん 今回もう
全部夫にしてもらった方が良かったのではないか・・・

ワタシはやる気の出る食事作りと
やる気の出る言葉掛け係に徹していた方が良かったのでは・・・

そう思った次第です・・・

と言う事で
扉は口出しだけして手は出さない事にしました

今まで付いていたのを取り外し
分解して縦の板だけ再利用
横の板は今までの仕切りに使っていた板を再利用
中央の板のみシナベニヤを購入

再度組み立てて


P6196729.jpg


できた扉に丁番をつけ既存の扉に取り付け


P6196730.jpg


ホラできあがり♪ 


P6196731.jpg


と思ったら
扉と扉の隙間の開き具合が上下で違うと
ワタシ(A型)の気にならないほどの事で


P6196739.jpg


仕上げにかんなをかける(B型夫)

彼はやる気になるまでは時間がかかるけれど
やり始めたら仕事は丁寧そして几帳面

ワタシは思い立ったらすぐ行動派だけど
神経細やかなA型なのに
おおざっぱに作り上げるという(ーー;)

血液型判断なんてあてになりゃしない


さてできあがった扉ですが 
既存の外側に着いている扉と
内側の2枚はサイズも違うし
内側の板の深さも違っているので
あきらかに 付け足し感が強い扉になっています

これをまったく違うけどひとつの統一された扉に
なんとか仕上げたいと思っています・・・


P6238458.jpg


寝室はこれからも少し手を入れて
ガラッとイメチェン予定なので
扉にはモールディングを入れたところで小休止

デコレーション部分はワタシの担当
夫がきちんと美しく作り上げたモノなので
それ相応にがんばらねば・・・と思いますが
現状女子力UPにはほど遠い(^0^;)


ポチッと応援 よろしくお願いいたします





にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村


続けてこちらもポチッと


ポチっとしてね!


クリックが済んだら
しっぽのはえた家族のことはこちらをどうぞ(*^▽^*)


みっくす★ジュースおかわり!!



クローゼット改装3

直感のみに従って
敗北色から成功色に返り咲いた
クローゼット内部の壁に気をよくして

棚をつけようと思います

ちょうどイイ感じの板があって
長さだけ少しカットすれば
そのまま使えるよね 楽勝楽勝
夫の力を借りずともへのカッパじゃないのって
1人ほくそ笑みながらの作業


P6116613.jpg


棚板の見える縁には飾りをつけたい
板が厚いのでトリマーで飾りを掘ればいいのですが
トリマー使うのワタシ苦手
なので勿体ないけど手持ちのモール材を使用


P6116615.jpg


端の方が割れてしまっていますが
目立たない場所になるのでボンドで補正

いつでも再利用できるように
ほっそいビスを使ってつけました


P6116617.jpg


棚受けにはこれまた余り物のどでかいモールディングを
カットしてそこに板を乗せるようにしました


P6126633.jpg


なかなかイイじゃん♪ と思ってましたよ
ここまでは・・・

イイ感じにできたので
とりあえずバッグなんか乗せてみる?

って乗せてみたら手頃な板を使ったが故に棚板の奥行きが少なすぎて
バッグが手前に落ちそうになる(;O;)

せっかく イイ感じって思ったのに

しょうがないのでここで秘密兵器投入


P6126634.jpg


ええ・・・(ーー;) 
オット登場

バッグが落ちないように
同じ厚みの板(クローゼットの左右を繋げる時に外した板)を
11センチの幅にカットしてもらい
ワタシが作った棚板と合体してもらいました

そしてついでにやっぱりモッタイナイからモール材を外して
トリマーで角を凹ましたりして


P6136639.jpg


かっちょよくしてもらいました

うまく収まった棚板を見て

昨日半日かけてワタシがしてきた事が
ほとんどムダな作業だった事に気づきそうになりましたが
落ち込みそうだったので 
気づかない事にしようと心に決めました

外したモール材はまたいつか使います

ついでにポールも取り付けながら
最初から自分でやらないで頼めば良かったのにとぶつくさ言う夫

なんだ頼めばやってくれるのね・・・と
次は素直に頼もうと心に誓うワタシ


P6136641.jpg


ハンガーは木のハンガーだとカッコイイ~
でも実際には型崩れが困る数少ない良い洋服以外
厚みのある木のハンガーではなく
数をかけられる針金ハンガーです(^0^;)


P6136643.jpg


服を掛けてみて 下の方が開いていたので
ここにもポールをつけることに

夫が板をあてて電動のこぎりでココをガガガッて切れば
かんたんにまっすぐ切れるからと説明してくれましたが
案の定 かんたんには切れなかったw(ToT)w

傷だらけになりましたが


P6136646.jpg


止め金具で隠れちゃうので気にしない事にして
取り付けました


P6136648.jpg


これで下のスペースも無駄なく使えます

バッグはできあがった棚の上に乗せようと思うのですが
自立せず型崩れするのもイヤでぶら下げたいモノは
ポールにかける事に


P6136645.jpg


こう言う事が・・・女子力の低下に繋がるのでしょうか・・・
ハンガーを力任せにエイッと曲げただけの造作(ーー;)

服で見えなくなるので気にしません
そのうちフックをつけたいと思います・・・いつか(ーー;)

ちなみに 夫が棚板の補正をしてくれている間に
ワタシはクローゼットの床にやすりをかけて
ペンキを塗り直していました

こうして
人任せにしているだけではありませんよ~
自分でもできることはしていますからね

と言う姿勢を常々見せておく事は
気持ち良く作業をしてもらう為に重要なので
手を抜きません

それから

「すごい さすが夫だわ」 とか
「素敵なダンナ様と結婚して幸せだわ」 とか
「ありがとうやっぱり夫の方が丁寧よね~」とか
大げさなぐらいの言葉のスパイスも 
ナニカを頼んでいる時には充分効力があります

口を動かすだけでまったく労力なしで
夫に気持ち良く働いてもらえるのでラクチンです

夫がココを読まない事を祈ります

そして バッグが乗せられるようになり
ポールがつき 完成も目の前? と思った時に
最大のピンチに気がついたワタシ(・_・) 

どうするワタシ どうしようもないんですけど


続きます 



にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村


続けてこちらもポチッと


ポチっとしてね!


クリックが済んだら
しっぽのはえた家族のことはこちらをどうぞ(*^▽^*)


みっくす★ジュースおかわり!!

クローゼット改装 2

クローゼット改装1日目後半

物置をゴソゴソと漁り
3年ほど前に購入したペンキを見つけました

何色かある中で使おうと思うのは
寝室のベッドの頭側の壁を塗るのに使ったピンクもしくは
同じく寝室に使おうと買ったけど
そのまま放置していたラベンダーのペンキ

他にもグレーとか ホワイトとか 
ブラックとかあるんですけど
どの色も現在のインテリアにはよく使っている色のペンキ

それらの色を扉を閉めてしまったら見えない部分に使うのは
なんかもったいない

どうせなら見えないからこそ
使って終わりにしてしまいたい色をチョイスすべき

そこでピンクを使おうと思ったのですが
ちょっとクローゼットの中全部塗るのには少なめ
そして派手すぎ
なので直感を信じて余っていた黄土色
(なぜこの色を所有していたか不明) 
思い切って残っていたひと缶全部をピンクに投入
落ちついたピンクになる・・・きっとなるはずと信じて
ぐーるぐーるとかき混ぜます

そして

敗北w(ToT)w

下のふたに付いているピンクが元のピンク


P6106561.jpg


上が敗北のアレンジピンク

あ~ケチらずにホワイトを足しておけば
薄いピンクで収まっていたのに

試しに塗ってみたけど
開ける度に心躍るクローゼットではなく
開ける度に後悔するクローゼットになりそう(T^T)


P6106563.jpg


右側が敗北色

そこで
ラベンダーを使う事にしました


15ペンキ


きっとカインズの優秀なスタッフが
ああでもないこうでもないと
考えた挙げ句にできたカラーのペンキでしょう

塗ってみたらさすがのいい色合いでした

最初からこれにすれば良かった(;_;)


P6106568.jpg


しかしご機嫌で塗っていたら
ペンキが足らない(・_・;)

ギリギリ正面の壁と天井分しかありません
両サイドの壁をどうするか

禁断のホワイトかグレーを いやいや それはモッタイナイ

もう一度敗北色を試してみたけどやっぱり違う~(T^T)

とりあえずここはちょっと落ち着こう


P6106572.jpg


塗ってみた敗北色の壁の前に座り込んで
冷たいモノをグググッとのどに流し込み考える
5時だけどフルパワーを出す為には
ガソリンが必要ってことで(^^ゞ

のどが潤って落ちついたところで
考える・・・

この赤っぽい妙なピンクが変なんだから
もっと落ちついた渋い色にすれば問題解決なんじゃないの?
渋くするには黒を足して見たらいいんじゃない?

とこれまたインスピレーションで
ペンキ缶に適当にドバドバっと黒を入れてかき混ぜます

で・・できた色が 小豆色
塗ってみると 


P6106573.jpg


おりょ(*`▽´*)
案外いいんじゃない?

イヤ・・もしかしたら
最初からこのサイドの壁には小豆色ガ最適ってことで
作り出した色なんじゃない?

いや~ワタシって天才


P6116592.jpg


このところ毎日寝不足ですので変に興奮状態(^凹^)

ラベンダー少なめだったにもかかわらず
まさかのマスキングテープ使用で剥がれるという事態が起き
補修分のペンキがなかった為
如何にもこれははみ出しを隠しているんじゃなくて
最初からポイントとして塗ったのよ的にごまかしました(*^.^*)


P6116601.jpg


なかなかおしゃれ色の壁ができあがりました

これで何となく服を突っ込むだけのクローゼットから
女子力UPのクローゼットに近づいたように思えます

1日目の作業は終了予定時間6時をオーバーした
7時半に終了しました

次は棚をつけてみます
けどね
どうせ粗忽者のワタシがする事なので
いろいろ問題は出てくるのです



オマケ


邪魔だよ


P6106570.jpg


邪魔ってわかっててそこにいるね・・・(-゛-メ)


P6106571.jpg


今更壁の色に意見しようとしたってムダだからね




クローゼット改装まだ続きます



にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村


続けてこちらもポチッと


ポチっとしてね!


クリックが済んだら
しっぽのはえた家族のことはこちらをどうぞ(*^▽^*)


みっくす★ジュースおかわり!!

女子力UPクローゼット改装

前回の記事は実際に作業していたのは
2015年の2月~3月です

あの頃からずいぶん家の中も変わってきました

今現在は何をしているかというと
今日から気分転換の為の
室内破壊活動にいそしんでおります(^_^;)

ターゲットは
寝室の夫婦2人の為のだったクローゼット


P6106536.jpg


左右で夫婦ひとりずつでしたが
夫が3階の空いたスペースをクローゼットにしたので
左右両方ワタシが使っていました

2人のクローゼットなら
真ん中に仕切りがあって当然かもしれませんが
1人のクローゼットと考えた場合

真ん中の仕切りのせいで
扉を固定する柱を取り付ける部分の幅が15㎝もとられてしまい
クローゼット内部は広くても入り口が狭い状態

引き出しも小さいのしかはいらず
とりあえず的に 
夫の親せき(?)が作ったという古い引き出しを
使っていました


P6106542.jpg


一応見てくれが良くなるように
引き出しにインテリアシールなるモノを貼って見ましたが
それも剥がれかけていて見た目もいまいちです

全てにおいてオサレなクローゼットではなく
とりあえず衣類をしまうだけの場所となっています

今更ですがこれでは女子力の低下
いくつになっても女子力は大切です

ワタシの目指す いつかは
かわいいとみんなに愛されるおばあさんではなく
このままでは
じいさんになってしまうかもしれない☆=>=>=>(+_+。)

そこで この物置と化している
名ばかりのクローゼットを
いくつになっても女子力UP的なモノに改造しようではないか
と奮起しましたp( ^▽^)q 

しかし
このところのお財布事情で予算がとれません
なので できる限り家にあるモノで何とかしていこうと思います

と言う事で目指せ予算0

さてどうしようか考えて
せっかく広いスペースがとれるはずのクローゼットなので
やっぱり真ん中の仕切りを外すことにしました

仕切りをとってここに物置部屋で
本当にモノを積まれているだけの存在のチェストを
ここに移動したいと思います

幅が110センチと中途半端に大きくて
今まで寝室には置けなかったのです


P6106535.jpg


チェストを入れる為にも
扉を外して真ん中の柱をとります

我が家では基本モノを作る時にボンドは使いません
こうしていつでも変更できるように(^_^;)

そして板をまた再利用できるようにです

なのでこの真ん中の柱もきっとビスだけで留まっているはず
裏から覗いてみたら案の定裏の板からビス留めしていました

でもビスを全て外してもなんか動かない

そこでスクレイパーを隙間に入れて


P6106544.jpg


ビスが残っていないかチェックすると
1本だけ外しきれずにありました

で・・・それを取ろうとしたら
なんとビスが途中から折れてしまったw(ToT)w

でもとりあえずそこは力技でムリヤリ柱を引きはがし


P6106549.jpg


手前の柱を外しました

でてきた奥の板を見ると 
引き戸のレールに使っていた板を再利用しています
エコですね また再利用することにします(^凹^)

で 今度は真ん中の仕切り板を外すのですが

夫がビスを深く打ち込みすぎているので
穴の奥のビスの向きがわからない
更に穴の中でビスに押された木の破片がビスの穴を塞いでいる
そして あろう事か
相手が石膏ボードでビスが効いてない
まわしても空回りするばかり(T^T)

結局穴にドライバーを突っ込んで
ネジ穴を探すのはあきらめて


P6106551.jpg


バリバリとビスのまわりを破壊して
ムリヤリ釘抜きでビスを引き抜きました


P6106553.jpg


こういった力技
夫はモノ作りには几帳面な人なので決してしません
B型なんですけど(^_^;)

ワタシは短気でめんどくさがりなので
破壊活動に走ってしまいがちです
A型なんですけど(^0^;)

さてさてこれで2つにしきられていたクローゼットが
ひとつになりました


バリバリッと力技を発揮したことで


P6106555.jpg


柱があった部分が破壊されました・・・けど
天井の見えないところなので簡単にごまかしちゃおうと思います

夫がこの部分に気づかないことを祈ります


P6106565.jpg


奥の壁を見ると
しきられていた部分が微妙に色が違います

これは
右のワタシのスペースにはペイントを施し
左の夫のスペースは面倒なので無塗装のままだった証です

自分の所だけ塗っていたんですね

ワタシらしいわっ "(^-^*)"

でも今回は全てが自分のスペースなので
手を抜かずにペイントしようと思います

いろいろな色が頭の中を巡っていきましたが
予算0なので
家にあるペンキで全てを済まさねばいけません


時間は午後4時
あと3時間でペンキを塗って


P6106560 (2)


この惨憺たる部屋を
せめて人が寝られる部屋に戻さねばなりません


P6106559 (2)


なのに
ペンキの色あわせ失敗w(ToT)w


P6106561.jpg


さてさてどうするワタシ(T^T)


よろしかったらポチッと応援していただけると
すっごくやる気が出ます



にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村


続けてこちらもポチッと


ポチっとしてね!


クリックが済んだら
しっぽのはえた家族のことはこちらをどうぞ(*^▽^*)


みっくす★ジュースおかわり!!












扉のペイント

かなり長い間の放置でした(^_^;)

いっそのことやめようかとも思いましたが
自分の記録なので続けます


P6066457.jpg


扉は黒のポールを使ったことと
てっぺんの槍の感じがとっても気に入っているので
アイアン風のドアに仕上げました


P6066474.jpg


ペイントでサビ感を出して


P6066473.jpg


プラスチックのポールも
もう一度ツヤナシの黒をペイントしたことで
プラ独特のチープな色合いが消えました
となりのグレーの柱は石柱風にしたいので
追加ペイントしたいと思っています


P6066454.jpg


柱の上にいるのはお気に入りの
荒井注です(^凹^;)


ホームセンターのガーデニングコーナーの片隅に
忘れられたように置かれていたところを
我が家にスカウトしました

ネーミングに不満があるのか
いつも不服そうな顔をしています


P6066463.jpg


その後ろの額

頂き物の金ピカの額を黒く塗って
お気に入りの印刷物を並べ

真っ白なオーナメントにペイントしたモノ

ずいぶん以前に購入したモノですが
今も販売していました
大きめなので存在感ありますが
ポリウレタン製で軽いので画鋲などでも壁に取り付けられます

【NMG630】 オーナメント
価格:3024円(税込、送料別)




印刷物は こちらから・・・




今バーゲンになって半額以下のようです(T^T)チョットクヤシイ
すごくお役立ちの1冊です


階段は上の方は手が届かないので
下側だけ白くペイント
上側は以前の部屋の黄色っぽい塗装のままですが


P6066465.jpg


リビングからは見えないのでこのままでいいかな(^_^;)

○○越しに見えるナニカというのが好きなので
ドア越しに見えるように階段の角に


P6066458.jpg


フェイクフラワーを置いています

写真を撮って気がついた
コードが乱れていてみっともない(>。、)


P6066461.jpg


チョットまとめて見えなくしましたけど
あまりかわらないか・・・(~_~;)

テーブルはお友達が不要になったからとくれた
アイアンのガーデンテーブルの脚に
ヤフオクで500円で2コゲットした
たぶん中国の8角形の置き台の天板部分を取り付けたモノ


P6066462.jpg


彫りの部分 とっても好きなんです
色はもともと同じ感じだったので手を加えていません

横の黒い箱はテレビのスピーカー

ついでに階段横のドア付近も手を加えています

P6066467.jpg


本当は街灯風の照明がつけたかったのですが
取り付けの場所の問題や予算などであきらめました


P6066468.jpg


そこでコーナーに余っていたブラケットをつけて
その裏に1番安価で簡単な方法でシンプルに電球だけ取り付け


P6066469.jpg


いつか気に入った物が見つかるまでこのままでいいかな・・・と
思えるぐらいのモノには仕上がりました

単なる板張りだったドアの枠にはモールディングを張り
(コレもみはしで購入したモノです)


P6066470.jpg


手前にアンティークのテーブルの脚と
やっぱりみはしで購入した格安の手すりをつなぎ合わせて


P6066466.jpg


ひび割れペイントなどを施して一体化して柱のようにしてみました

テーブルの脚もかなり前にヤフオクでゲットしたモノ
1本1000円もしなかったような・・・

古い家具って目の詰まった堅い木を使っているので
ネジが通らずテーブルの脚に使うことができませんでした

別の用途ですがとりあえず使えて良かった

業者さんが塗ったテッカテカののぺっとしたドアの塗装も
そのうちやり直したいなと思っています


P6066457_2016060615012549c.jpg


久しぶりの更新です
よろしかったらポチッと応援していただけると
すっごく嬉しいです



にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村


続けてこちらもポチッと


ポチっとしてね!


クリックが済んだら
しっぽのはえた家族のことはこちらをどうぞ(*^▽^*)


みっくす★ジュースおかわり!!





猫防止扉

リビングから3階に行く階段

ネコ達にはどこにでも自由にいかせてあげたいとは思うけれど
数が増えてきてゲリラシッコをするネコもいて
自由行動は飼い主の目が行き届く時のみにしてもらっています

と言う事で
階段の下にネコ防止策の扉を設置しています

以前はガーデン用の柵をつなぎ合わせた簡易的なモノでした


IMG_6572.jpg


結構長い間使用していて
身体能力抜群のネコ達は柵を簡単に乗り越えてしまっていて

扉の意味もないし


IMG_6573.jpg


扉自体もボロボロ

そこで 現在のリビングに似合う見た目で
ネコの飛び上がりに対応出来る高さの扉が欲しいと
ずっと夫に頼んでいたのですが
どんな材質でどんなデザインにするかで悩んでいました

それがいつも行かないホームセンターで
とってもイイモノを見つけたので
ようやく扉を新しくすることに

ちなみに半年ほど前の話しです(~_~;)

見つけたのはこちらのポール


IMG_6575.jpg


安くて丈夫

これにあったサイズの木枠を作成


IMG_6598.jpg


下部の板に穴をあけて


IMG_6601.jpg


上部の板にはポールが飛び出るように穴を貫通させました


IMG_6602.jpg


ポールに着いている槍状のモノは抜くことができます


IMG_6605.jpg


貫通した穴をあけるのってすごく大変です
等間隔に まっすぐ

考えているより本当に大変

上部はホームセンターで壊れかけたボール盤で
ヒ~ヒ~言いながら穴をあけました
・・・夫が(^0^;)


P9260538.jpg


そして穴にポールをさしていったらできあがり

飽きから年末までなんやかやと忙しく
結局ここから塗装まで5ヶ月以上もかかってしまいました

塗装後の画像はまた後日



まだまだ現状と更新が追いつきません
応援クリックで更新がんばります
お願いしますm(__)m


にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村


続けてこちらもポチッと


ポチっとしてね!


クリックが済んだら
しっぽのはえた家族のことはこちらをどうぞ(*^▽^*)


みっくす★ジュースおかわり!!


     
プロフィール

マメK

Author:マメK
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
QRコード
QR